コレステロールのサプリメントの種類

MENU

非常に種類が多いコレステロール対策サプリメントですが、その中でもDHAを含むサプリメントはコレステロール値を下げてくれます。

 

魚介類に含まれる脂肪酸で、ドコサヘキサエン酸ともいい、いわしやさば、さわら、ぶりなどに存在する成分です。

 

記憶や学習などを司る脳の神経細胞を活性化し、神経の情報伝達力を向上させる成分ともいいます。

 

血中コレステロールの増加に従って引き起こされる高脂血症や生活習慣病に対してDHAは改善が期待できます。

 

納豆菌が生成する酵素であるナットウキナーゼには整腸作用があり、サプリメントに用いられます。
腸に存在する善玉菌の作用を助け、腸の調子を向上させます。

 

便秘改善に役立つだけでなく、心筋梗塞などの原因となる、悪玉コレステロールによって起きる血栓を溶かしてくれる働きがあります。

 

大豆イソフラボンのサプリメントは、大豆の成分で、植物性ポリフェノールの一種です。

 

女性ホルモンの働きと同じ作用を持っているので、更年期障害の症状を予防する働きがあります。

 

コレステロール値を正常にするだけでなく、体内の酸化やガンに対しても効果があります。

 

高コレステロール血症の軽減効果のある成分には紅麹もあります。

 

紅麹は副作用がほとんどといっていいほどないので、サプリメントとして毎日摂取するのにぴったりの成分です。

 

コレステロールや中性脂肪が気になりだしたら、紅麹サプリメントがいいでしょう。

 

しかし、コレステロールの軽減策にはサプリメントに頼るだけではなく、生活環境や食習慣の改善や、病院に行くことも重要なことです。

 

コレステロールは体にとって必要不可欠なものですから、減らしすぎも体に良くないのです。

 

コレステロールのサプリメントに関しては、正しい用法用量を守って使用するようにしましょう。