コレステロールの役割とサプリメント

MENU

コレステロールは体の中でどんな役割を果たしているのでしょうか。

 

簡単に言うと、コレステロールは脂質の一種です。

 

人の体にはコレステロールが欠かせません。

 

コレステロールは血液中に存在するだけでなく、脳や内臓にもあり、ホルモンや胆汁といった重要なものに含まれている成分です。

 

コレステロールという言葉を耳にすると、あまり良いイメージではありません。

 

確かに、動脈硬化や生活習慣病の原因でもありますからコレステロール値が高いことは問題です。

 

そのため、健康診断時の血液検査などでコレステロール濃度が高すぎて危険域に入ると、コレステロール抑制が必要となります。
しかし、コレステロールは少なすぎても問題なのです。

 

コレステロールが不足気味になると、人体の免疫力が失われ、血管の強度にも障りが出ます。

 

体の中でコレステロールを運ぶ善玉コレステロールと、体に有害な悪玉コレステロールがあります。

 

悪玉コレステロールは増やさないようにしたいものです。

 

動脈硬化を引き起こすコレステロールは、悪玉コレステロールです。

 

悪玉コレステロールは体内で酸化し血管の内壁に付着し血流を阻害するのです。

 

悪玉コレステロールを増やさないためには、禁煙や食習慣の見直し、適度な運動、ストレスのない生活を目指すなどの工夫が必要です。

 

コレステロール値が高い人は、サプリメントを使用する前に、これらの生活習慣を見直す必要があります。

 

サプリメントの利用や食事の見直しなど他方面からの工夫でコレステロール値をコントロールしましょう。

 

自分自身の体質や現状をよく考え、納得のいくサプリメントを選択します。

 

多用なサプリメントがありますが、じっくりと検討してください。